HUAWEI MatePad 11レビュー GMSなしでも意外といける

ガジェット

タブレットと言えばAppleのiPadを思い浮かべる人が多いと思うけど他のXiaomiとかHUAWEIとかGalaxyとかも出していてその中の1つであるHUAWEIのタブレットを手に入れたから紹介する。

HUAWEI MatePad 11の特徴

・お値段42,000円という比較的安めの価格設定

・Snapdragon 865搭載

・クアッドスピーカー

・キーボード、タッチペンに対応

・ちょうどいい大きさ11インチ

まともに使える性能に迫力のあるスピーカーにタッチペンでノートを取ったり、絵を書ける上に業務作業にも使える一石四鳥のタブレット

Snapdagon 865 搭載

え、Snapdragon??って思った人も一定数いると思う。

基本的にHUAWEIのスマホとかタブレットはHUAWEIの独自チップKirinが使われるんだけどMatePad 11は大人の事情でSnapdragonが搭載されている。

けど性能は悪くなくてベンチマークスコアが620000点だからゲームも普通に動く

クアッドスピーカー搭載

MatePad 11は4つスピーカーを搭載していて迫力がすごい。

映画とか動画はもちろんゲームの音にも迫力があって没入感がすごい。

qrf
qrf

高級感のある外観

MatePad 11は質感が最高で背面はさらさらしてる。サラサラしてるから指紋が目立たないのも良い。

qrf

画面占有率が高くてベゼルも比較的細いけど、指でしっかり持てるほどのベゼルはあるからちょうどいい。

qrf

カメラ周りもシンプルで普通のスマホと同じ。フラッシュもカメラの枠内にあってカメラ周りがシンプルになっている。

MatePad 11は専用キーボードもあってそれも高級感があるから、カフェで使ってても違和感がないと思う。あとこのキーボードはカバーにもなるから別でケースを持ち歩かなくても良い

質感は良いものの、キーボードはWindowsキーボートとはちょっと違うところが惜しい。

MatePad 11の良いところ

質感が最高

繰り返しにはなるけど質感が良い。試しにエディオンでiPadを触ってきたけど触った感覚はほとんど一緒だった。触ってて楽しいボディーになってる。

キーボードとタッチペンに対応

MatePad 11はキーボードとタッチペンに対応している。

だからキーボードでちょっとした作業ができる。本体もベゼルレスでコンパクトになっているから小さい机とかでも作業ができる。

キーボードの打点間も良い。ノートパソコン程ではないけどほとんど同じくらいで違和感は無い。

タッチペンにも対応してるから絵を書いたり、ノートを取れたりする。

バッテリー持ち

MatePad 11には7250mAhのバッテリーが搭載されてるからバッテリーがめっちゃ持つ。

100%YouTubeを3時間垂れ流してもまだ 55%バッテリーが残ってる。  だからバッテリーの心配はいらない。

4つのスピ―カー

MatePad 11は4つのスピーカーを搭載してるから音楽を再生したときとか、映画を再生した時の迫力がすごい。迫力もすごいんだけど音質も良いと覆う。

良いところもあれば悪いところもあるんだけど、悪い点が少ないのもMatePad 11の特徴でもある。

MatePad 11の悪いところ

MatePad 11の専用キーボードに癖がある

MatePad 11の専用キーボードはHUAWEI独自のキーボードでちょっと癖がある。癖があるといってもまったく使え無いわけでは無いんだけど、使いづらい.。。。

あとはちょっとキー1つ1つが小さくて押し間違いが多発するってのもある。普段俺が15,6インチのデカいパソコンの広いキーボードを使ってるのもあると思うけど全体的に狭い。

使ってるうちになれると思うからそこまで影響は無いと思うけどちょっと注意は必要。

GMSが非搭載

これが、このタブレットの購入を断念する最大の理由だと思うけど、タブレットにGMSが無くても意外と使えてしまう。もちろんしたいゲームが無いとかはあると思うけどよっぽどマニアックなゲームで無い限り意外と入れられる。

プライムビデオとかDアニメも見れるしネットフリックスもウェブから見れるからそこまで気にしなくて良いと思う。

プレイストアが無いからアプリどうする?って話だけどHUAWEIのアプリストアAppgallery、アマゾンのアプリストア、Aurora Store、Aptoideとかを使ってアプリを入れる。

Appgallery、アマゾンのアプリストア、Aurora Store、Aptoideを入れて探してもアプリが見当たらない時もPetal検索とかBing検索とかを使えば野良アプリをダウンロードできたりするからアプリには正直困らない

※アプリの通知がこないときは下記の記事を参考にしてほしい。

通知が来ないHMS機で通知を受け取る方法
HMSで通知を受け取れるようになる簡単な方法をご紹介します! Google非対応のHUAWEI端末向けです、GMSが搭載されている端末にこの操作は必要ありません。 microGのインストール方法です。

カメラは普通

カメラに強いHUAWEIだから少しカメラに期待してたんだけどカメラは飛びぬけて綺麗ってわけではなかった。汚いわけでも無いんだけどもう少し頑張って欲しかった。

まずカメラの設定項目が少ない

写真は良いとしてもビデオ撮影は30フレーム固定で一応4Kも撮影できるけど手振れがひどい1080Pにするとある程度落ち着くけどやっぱりビデオ撮影は弱い。

写真も可もなく不可も無くって感じだけどカメラのAIは相変わらず、すごい

まとめ

正直MatPad 11はiPadとできることはほとんど変わらないから映画をみたり、漫画を読んだりちょっと文章かいたり、ペンで絵を書く位ならMatPad 11で良いと思う。

別にMatPad 11じゃなくてもMatPad 10,4とかMatPad Proとかもキーボードもペンも使えるから好きなのを選べばいいと思う。

比較

製品名MatPad 11MatPad 10,4MatPad Pro
CPUSnapdragon 865Kirin 820Kirin 990
ディスプレイサイズ11インチ10,4インチ10,8インチ
ゲームの快適性快適ゲームによると重い快適

軽くまとめるとこんな感じになる。

映像を楽しむだけならMatPad 10,4で十分だと思う。

もしGMSが欲しい人はXiaomi Pad 5がおすすめでMatPad 11よりじゃっかん性能は劣るんだけど価格は54,300円で手に取りやすい価格だからゲームゴリゴリとかじゃ無いならXiaomi Padでもありだと思う。ちなみにMatePad 11は47,000円で買える。

Xiaomi Pad 5参考記事↓

【Xiaomi Pad 5レビュー】iPad 10.2の方がマシ
やっとAndroidからiPadに対抗できそうなタブレットがでた。それがXiaomi Pad 5だ。 なんでも売れまくってるのか生産数が少ないのかは不明だけど発売してから売り切れが続出したらしい。現在は普通に入手できるっぽい。 ということで今回はXiaomi Pad 5が果たしてiPadに対応できるタブレットなのか否か...

コメント

タイトルとURLをコピーしました